上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日から1週間のサイレントリトリート。私もオーガナイズのお手伝いをさせていただきました。
アイルランド人のJac O'keeffe(ジャッオキーフ)という私の敬愛するノンデュアリズムのスピリチュアルティーチャーとともに、瞑想、Satsang(サットサン)、チャンティングなども含めた、リトリート。
サットサンではもちろん、ティーチャーに質問するわけだ、話してよい。それ意外は静寂の中ですごす。
できるだけ人と目を合わせない、書き物もしない。そんなわけで、ブログは1週間お休みします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2012.01.14 / Top↑
12月にIndefenitly leave to remainのビザが取れたことを書きましたね。
しかも、その値段が1350ポンド。
そこでだ、実は私のとった行動は、コミュニティの機関紙に広告(無料よ)を出した。
「私はビザを取るのに1350ポンド必要です。もし、何らかの形で私を助けたい人は、どうぞよろしくお願いします」

結局、ビザを申し込みにいった日までに、1150ポンド集まった。少し足りなかったけれど、何とかなった。その後、今日に至り1300ポンドに。いよいよあと50ポンドだ!
もうビザがとれたのだからいいじゃないとお思いでしょうが、この目標を達成したという達成感がほしいの。

お金を人に寄付してもらうというのは、何がいちばんチャレンジかというと、自分のマインドセット意外の何ものでもない。人からどう思われるか、セルフイメージについての心配。また、広告を出しても誰も何もくれないのではないか、誰も私のことなど気にかけてくれないのではないかという心配、また、
「あげるのはいいけれど、もらうのはよくない」とか、
「ずうずうしいにもほどがある」とか、いかにも母が言いそうな言葉とか。
「一生懸命働けば、お金をもらってもよい」とか。

これらは全て、私の頭の中で響いていることばで、誰も私に言っていない。
お金のまわりには、このようなたくさんの思い込みがびっしりこびりついているように思える。だから今回の広告を出したのは、そんな自分の信条に挑戦する意味もあったのね。
そういう意味でも、よいスピリチュアルプラクティスをさせていただいております。

PS. 結局、飛行機の便の変更はあきらめました。飛行機を替えるより、自分の計画を変えるという発想の転換ね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2012.01.11 / Top↑
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
(ちょっと遅いですが)

じつは、もうすぐ2月から、サバティカルがとれるので(長期有給休暇のようなもの)日本に帰るつもり。
そこでまだ飛行機を予約していないことに気がついた。だって予定がたたないんだもの。

国際空港としてはアバディーン空港がいちばん近いため、
klmがなんといっても便利。値段も他の競合に比べると手ごろ。
去年日本に帰ったときも、klmで、フライングブルーの会員にもなったし、VIPな気分。
いつもOPODOなど、格安航空券サイトで買うけれど、今回はklmのウェブで買うことに。
この間みたときよりも、値段が上がっていたので、なんとなくせかされた気分で購入。697ポンドだったかな?
このときは、あとでお金を余分に払えば、変更できるものと信じていた。

そうしたら、知人のPさん(デンマーク人、女性)からメール来て、
「エモーショナルフリーダムテクニーク」(EFT)のレベル2のワークショップ開催との通知が。
すっかり忘れていたけれど、私がぜひワークショップを開催してくださいとお願いしていたのだ。

だからさっそく予定変更と思い「カスタマーサービス」に電話をすると、変更は無理とのこと。
「おーのー!でぃすいずてりぶる!」(ひどい!)というと。
「いえす、りーりーてりぶる、いずんといっと」(本当にひどいですよね)とあっさり同情の色を示されてしまった。
「変更の必要があるとしたら、もう一度違う便を予約して、お金を失うしかないんですね」
「そうです。だから今度はきをつけてくださいね」 と言われた。
変更がきくもっと高いチケットもあるらしいが、普通にウェブでエコノミークラスを予約したら、じどうてきにこうなった。
前にOPODOでブリティッシュエアウェイを買ったときは変更がきいたのにな。

私がただ世間知らずなだけなのか、どうなのでしょうか、klmさん。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


2012.01.08 / Top↑
クリスマスディナーのメニューは
七面鳥のグレービーソースとクランベリーソース添え
スタッフィング
ローストポテト
キャラメライズド キャロット&パースニップ
スチームド ブラッセルスプラウツ
<オルタナティブ>
ナッツローストのマッシュルームグレイビーとクランベリーソース
ローストポテト
キャラメライズド キャロット&パースニップ
スチームド ブラッセルスプラウツ

デザート
クリスマスプディングのブランデーバターとホイップクリーム添え
<オルタナティブ>
フルーツサラダ

本当はメニューの写真を撮ろうと思ったけれど、サービスに夢中になっていて忘れてしまった。

結局クリスマスイブにほとんどの準備をしてしまったので、25日、割と多くのボランティアが手伝いに来てくれたのに、あまりやることがなかったので、逆に申し訳ない気がしてストレスを感じた。結局忙しくてやることがたくさんでも、やることがなくてもストレスを感じるんだね!と自分を笑ってみるけれどあまり笑えなかった。

ポルトガル人のVちゃんがあまりにやる気満々なので、みんなに振舞えるようエッグノックを作ってもらった(マニュアルにあったので)。ブランデーとバニラエッセンスの香りと、卵の白身で作るまったりドリンクだが、
「私作ったことないし、飲んだこともない」とVちゃん。「私もないよ」と私。
お互いに知らないものをはじめて作るのは、わくわくするけれど緊張もするね。

4時には人が入ってきてサービスが始る。3時になってふと見ると、七面鳥のグレービーができてない。
昨日イギリス人のJが「作っておくからああたためるだけでいい」といっていたのに。緊張が走る。アドレナリンが上昇する。
結局スコッティッシュのDが引きついでいたけれど、よくわかっていなかっただけで、
七面鳥のだしにコーンフラワーを加えて、一件落着。

ポテト、砂糖にんじん、にんじんを適当な硬さにローストし、暖かいようにでも、調理しすぎないように。
すでにローストされた七面鳥を、最後に暖めるために少しスチーム、
メキャベツも調理しすぎないことが肝心。
お皿はディッシュウォッシャーであたためた。

4時には時間どおりサービスできたのでよかった。結局130人くらいが集まった。
思ったよりすこし少なかったようだけれど、もし150人来ていたら七面鳥がたりなかった。
それを考えると冷や汗。偶然にもちょうどよい量になり、「食べ残しが少なくてすばらしいと」ほめられた。
みんなおいしかったと言ってくれたし、よしとしよう。
でもまだアドレナリンが、からだを駆け巡って落ち着かない…。

クリスマス
食事が終わり、人々はソファのまわりで歌を歌ったり談笑したり。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ








2011.12.27 / Top↑
今日はクリスマスイブ。私のハウスメイト7人のうち、5人はロンドンだのイタリアだの家族に会いに帰郷してしまった。うちの中はしーんと静まり返っている。寂しいというよりは、なんだかうれしい、この静かなうち。思い切り羽をのばしちゃおう。

私は今年、クリスマスディナーほぼ150人分をクッキングすることになってしまい、クリスマス休暇返上で働いている。
もちろんコミュニティのイベントのため、同僚をはじめボランティアが手伝ってくれるけれども、責任者は私。
しかも、こういう典型的なブリティッシュの、しかも肉の料理はよくわけがわからないし、七面鳥を触るのもいやだった。
だから、ベジタリアンのクリスマスメニューにしようとしたけれど、七面鳥は強かった。
「どうしよう」と困っていると、
4人の頼りになる男たちが七面鳥は「俺にまかせろ」としゃしゃりでてくれたので、本当によかった。
そんなわけで、私たちのチームはパースニップ、にんじん、ブラッセルスプラウツを切ったり、ベジタリアンのメニューを作ったりと、下準備は簡単に終わってけれど、なぜかどっと疲れてしまった。

明日はいよいよ本番のクリスマス。今日は友達と映画をみて、さっさとお開きにした。
おやすみなさい、そしてみなさんも楽しいクリスマスを!

働くときはエプロンをしましょう。こんがりローストされた七面鳥が7体。次はカービングのプロセス。
eian_20111225083508.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2011.12.25 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。