上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
クリスマスはもうすぐ。でも私の心は躍らない。
それは、今年はクリスマスデイナーを仕切らなければならないから。
けっこうこれは大仕事だ。
しかも私と一緒にデパートメントを運営しているD(オランダ人女性)は、彼氏のお宅へ行ってしまう。
その彼氏T(イギリス人)も同じデパートメントだから、二人のベテランがぬけることになる。
わたしだって、クリスマスくらい少し楽をしたい。
ところがどっこい、クリスマスクッキングの準備とオーガナイズでさあたいへん。

去年私は日本に帰っていて難を免れた。上記の二人も居なかったので、
同僚M(イギリス人)だけがのこり、何とかクリスマスを乗り切った。
今度は私の番が回ってきたというわけ。

しかも、クリスマスと、バーンズナイトだけは、コミュニティキッチンでも肉を出す。
というわけで、5-6つの巨大なオーガニック七面鳥をローカルに注文した。これで150人分くらいらしい。
私はベジタリアンではないけれど、七面鳥をさばいたり、調理したりするのは気が引ける。
おしりの穴にガーリックを突っ込んだりするのはいやだ。
そこで、アンケートをとってみた。

「ベジタリアンクリスマスはいかが?その場合ナッツローストがクリスマスのめにゅーです」。
反応は、意外とサポートする声が多かった反面、がっかりする声も半分くらい。
特にイギリス人から「冒涜だ!」とか
「クリスマスに寿司をだすな」(出さないってば)など、反発の声もあがった。
というわけで七面鳥からはのがれないことに。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.12.08 / Top↑
いま、土曜にスタートした一週間のワークショップのようなものを担当させていただいている。
9人の小グループで、ほとんどがヨーロッパの人。
私以外にもう一人、グループをみているドイツ人がいる。
彼女は慣れているので、私は見習い感覚でちょっと気軽。

このようにグループワークをしていてつくづく思うのは、
私ってグループ行動が苦手だったよなということ。
そんな私がグループのお世話をしているのだから笑ってしまう。

よく、indipendent だといわれる。こういうと聞こえはいいけれど、自分勝手と言い換えることもできよう。
一人っ子だったので、自分で何でも完結する癖がついていて、
それはパートナーシップを育むうえで、あまりプラスにならないこともある。
今のパートナーも実は一人っ子だったので、その点は、お互いに理解しやすい点もある。

だから、ある意味で大家族とかに表面的にあこがれていたのだけれど、それは起こらなかった。
だからそういったもの求めてコミュニティにいるのかもしれない。

あとは、グループのリーダー的な役割を自分に課すことで「関与すること」が生まれる。
それが何か私に必要なことだと思うのだ。
さもないと、なんとなくエッジから少し離れてみているようなタイプなのかも。

そういえば、修学旅行とか社員旅行とか大嫌いだったよなと思い出す。

だから、今回グループとワークする上で、
参加者の人が四苦八苦していると、いとおしい気持ちになる。

それでも、みんな、
コミュニティに何かを求めているんだなと思う。

ぽちぽちぽちっと押してみて↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2011.02.28 / Top↑
木曜日の朝、私は、イタリアのDというエコビレッジとして、またスピリチュアル・コミュニティとして知られるオーガナイゼーションから来た女性と一緒に働いた。

彼女は、23歳のときにDに住みはじめてらか、20数年もそこに暮らしているという。息子さんが1人居るけれど、彼はDから出て、近くの村にいるのだとか。
「それって、ある意味でヘルシーだね」と私が言うと
「そう、私もそう思うよ」と言った。

日本に支部もあり、長年のリサーチで培った知恵を、いろいろなセミナーを通してシェアしているらしい。また、日本人のツアーもあるとか。

ところで、Dといえば、住人が動物と植物の名前を持っていることで知られている。どういう基準で名前を決めるのかたずねると、Dに何を提供するのかによるらしい。ただ、自分で決めていいけれど、あまりふさわしくないと思われる場合には
「うーん、あなたはそれじゃないね」とフィードバックをもらうらしい。

そういえば、去年の冬、キッチン内でDのように動物と植物の名前をつけるのが流行ったことがある。
例えば、私は猫が好きなことと、日本人ということも強調したかったことから、 「キャット、アズキビーンズ」。同僚のMは、理由はまったくもって不明だが「プードル、ブラッセルスプラウツ(芽キャベツ)」など。

みなさんも、職場で、またご家庭で、動植物の名前で呼び合ってみませんか?けっこう楽しいですよ。

読み終わったらクリックよろしく↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村
2011.01.30 / Top↑
うちに住んでいる人があつまって、ハウスミーティングをした。
前にも書いたように、わたしたち8人がひとつ屋根の下に暮らしている。出身地と性別の内わけはイングランド3人(男)、南アフリカ2人(女)、スイス(女)、イタリア(男)、日本(私・女)とひとりづつ。半年に一度くらいは入れ替わりがあるし、人間関係も違ってくる。
だから、カップルが別れても一緒に暮らしていたり、その逆もしかり。

さて、ハウスミーティングは、スイス人Uのイニシアティブで実現した。8人もいると、オーガナイズなしに一緒に集まるのは難しい。ほとんど1年ぶりのミーティング。
 
アジェンダはたくさんあり、
1.Partners in the house.(これは、ここに住んでいる人が、外から恋人とつれてくる場合。レギュラーで連れてくるなら、クリーニングロータをしてもらい、また、寄付をお願いするということに)

2.Ethical of the Couples in the house(ここに住んでいるカップル、の、道徳? 私の場合これに当てはまるので、この道徳という言葉に反応。お互いに気を使いあって、スペースを与えあうことに。結論というよりは、シングルの人もいるし、フィーリングを話し合った)

3.Washing up method(食器を洗剤で洗った後水で流さない南アフリカ勢と、流すスイス、日本、イギリス人の間に緊張が。できれば流してね、とリクエストをするという形で落ち着く)

4.Plan for the Garden(ガーデンのプラン。日のあたらない正面のガーデンに何を育てるのか。意見の一致をみるのは難しい)

5.House duty and review(みんな、それぞれ、掃除をする分担が決まっている。年に1、2回しかしない人も。したあとは記録をつけることで様子を見る)

ほかにも、電話の請求書、大掃除の日程、植物の水やり、トイレットペーパーは誰が補給するか、洗濯をしたときのお金、リビングルームのリフォーム、トイレの電気、電気はこまめに消してなど書ききれないほどの議題がのぼり、2時間にわたる濃く激しい夜は終わった………。

読み終わったらクリックよろしく↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村
2011.01.28 / Top↑
 カゼがよくなったと思ってミーティングに行たり、土曜日の朝働いたら、またぶり返してしまった。その前の晩、友人で、同居人のD.J(男性・イギリス人)と、U(女性・スイス人)と一緒にカードゲームをした。私は現在、7人の人と同じ家に同居している。7人というとたくさんな感じがするけれど、バスルームも4つあるし、キッチンも2つあるし。言うなれば、2つの家がキッチンとリビングルームで合体しているというつくり。窓は3重になっている。1990年代初頭に作られたエコハウスで、住み心地はなかなか。このうちに住めたことは、本当にラッキーだと思う。
 その時、D.Jが、ウイスキーを飲めば、絶対によくなるというので、試してみた。
グレンフェディックの10年ものは、普段飲まない私にも、とてもおいしく感じられた。ただ、飲んだとたん、のどと肺がカーッと熱くなり、そこが本当に消毒されている感じ。わー!これは効くかもと思ったけれど、翌日、私はだるさと頭痛で目覚めた。これは二日酔いなのか、カゼが悪化したのか、よくわからないけれど、なんとかシフトを終え、うちに帰ってから、また寝込んでしまった。
 
 うちでじっとしていることが、退屈になってきた。
 
 2-3年ほど前、D.Jが買ってきたTVシリーズのDVD、「Flight Of The Concords」でも見ようかしら。「フライト・オブ・ザ・コンコーズ」というニュージーランドからニュ-ヨーク来た2人組のロックバンドが、ニュージーランド大使館に勤めているマネージャーとともに繰り広げるちょっと痛いコメディ。主人公のBretとJermaineは本名。彼らは実際にコメディアンで、ミュージシャン。挿入されている歌はすべて彼らのオリジナルのはずで、いかにも、といったそれぞれの時代らしい曲を、面白おかしい歌詞とともに作っている。イギリスでは、BBC4で何度か放映された(私はDVDが出てから見た)。これは日本で放映されたんだろうか?
私はかなりはまりました。



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
2011.01.18 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。