上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
そして、当日の日本食のメニューは

1.キャベツと昆布のピクルス
2.かにかまぼこ(crub stick)を使った巻き寿司
3.ツナ缶ツナとマヨネーズの押し寿司
4.散らし寿司(にんじん、のり、錦糸卵、グリーンピース、アボガド)
5.にんじんと玉ねぎ、スイートポテト、2種類のてんぷら
6.揚げだし豆腐(もめんの豆腐が手に入らず、急遽あんかけに変更)
7.大豆と昆布の煮物
8.こごみのいためもの(そのへんの林から収穫!)
9.抹茶けーき

魚がだめな人のオルタナティブには
2.かにかまのかわりにアボガドの巻き寿司
3.ツナの押し寿司の変わりに散らし寿司でかんべんしてもらう。
8.シュガーフリー、小麦フリー、デイリーフリーの小豆のお菓子も用意

これで、10ポンドなんだから安いでしょ。

なるべくゲストの少ない日を選んだつもりだったけど、
最終的に60人くらいの人がワークショップをしに訪れており、
彼らにはチャージできない。もちろん寄付はお願いできるけど。
あと、何人くらい分の材料を買うのか、買いすぎたら利益が出ないし、少なすぎたら困るし、その辺の判断が難しかった。
本当に当日まで何人来るかはっきりしなかった。
のり、わさびなどはこちらで買うと高いので、私が去年日本で買ってきたものを寄付することに。
また、Wという日本人のガールフレンドが居た(過去?)ひとが、彼女の置いていった海苔を寄付してくれた。

100人くらいきてくれたら上出来と思っていたけれど、
最終的に190人になって、最後はことわらなくてはならなくなった。
でも、絵を寄付してくれた人、料理を手伝ってくれた人、パフォーマンスをしてくれたなどなど、
協力してくれた人は招待扱いにしたうえ、ゲストが60人分くらいだから、
100人くらいが実際に10ポンド払ったということになるかな。
あとでちょっと招待が多すぎると思ったけれど、関心を持ってもらうことで、寄付を募ることが目的。
ただ、食事を売ってかせぐだけではない。

つづく

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





2011.07.10 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。