上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 昨年11月に帰国した際、ひょんなことから、通訳の仕事をさせていただいた。
 
さかのぼるも5年ほど前、知る人ぞ知るTransformation Game(トランスフォーメーションゲーム)のFacilitater's Training(ファシリテーターズ・トレイニング)の通訳をさせていただいたことがある。単純に私が、そのトレーニングを英語で受けたことがあることと、こちらに住んでいるということが、通訳者に選ばれた理由(だって日本人はあまりいなかったから)。

 もちろん、通訳者になるための勉強などしたこともなく、日本語から英語、英語から日本語との頭の切り替えに四苦八苦。特に複雑なストーリーや感情表現、人々のプロセスを、特に日本語から英語にするのは私の英語力と集中力の限界を超えていた(しかもトレーニングは朝9時からはじまり、夜の9時を過ぎて終わることも…)。が、幸運にも参加者の中に、本業の通訳の方がいらして、時々助けていただいたり。
 訳のまちがいを指摘されても、淡々と訳をすすめて行くきたんたに、人々は胸を強く打たれたかは定かではない。とにかく、1週間が終わったときは、脳みそが腐るかと思った。
 
 プロの方は、どのようなトレーニングをされているのでしょう???
 
 さて、今回は11月中旬から、12月中ごろまで、はそのご縁で、ほぼ1ヶ月、そのゲームの創設者の1人である、Mary Inglis(メアリー・イングリス)さんの通訳として東京へ。3年ぶりに両親と猫と、103歳になるおばあちゃんにも会うことができました!
 
 関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
2011.01.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nondualism.blog98.fc2.com/tb.php/17-3ee46f15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。