上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 今回の通訳の仕事で再確認したのは、英語と日本語って本当に違うんだなということ。
本当に、英語ってはっきりしている。いつ、どこで、誰が、だれと、どうしたというの
が短いセンテンスの中にぎっしり、正確に情報が詰まっている。通訳中に発見したのは、英語を聞いた場合、すぐにビジュアルがボンッと頭の中に一瞬で浮かぶことが多い。
 
 方や日本語は、どうしてなのか、主語を省略する傾向がある。誰が、というのがあいまい。また、動詞(どうしたの部分)が一番さいごにくるので、長いセンテンスの場合、話がそれやすい傾向があり、あれ、何を話していたんだっけとなりやすい。
 
また、擬音語での表現が多いことも発見。「ちょっと、うふふなみたいな感じ」(どういう感じやねん!)と生まれも育ちも東京の私が大阪弁でつっこみたくなったり、とか、「ああっとなったあと、ぎゃあっと思って、ふうっとなったんですー」。(それは、焦ったあと、驚いて、安心したと言うこと?)と、英語に訳す前に日本語の文章に約しなおすという作業が必要な場合も。絵がはっきりと浮かぶと言うことはなく、小さな障子の穴を少しずつ開けていくと、向こう側に全貌が現れる感覚。
 
 もちろん、微妙な感情を言葉にするのって何語でも難しいと思うし、そういう語彙がどのくらいあるのか、私にはよくわからない。
 
 そこでひとつ思い出したのだが、前述のプロセスワークのスペイン人女性(参:フィードバック)主催する、Facilitater 's t training を受けたことがある。そこで、彼女が中南米のシャーマンたちとワークをした際の話をしていた。その人たちはが感情を表す際に足踏みをして、「うおー!」と言ったり、音や身体の動きで表現していたらしい。彼らは、自分のエネルギーの状態を、言葉だけではなく、違うチャネルを使って表現したということ。国や文化によっても、よく使うチャネルと使わないチャネルがあるのでは。
 
 日本人なら、「ドンドンドン、ウオーな感じなんですー」となるのだろうか。うーん、通訳は難しいかもね。
 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2011.01.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nondualism.blog98.fc2.com/tb.php/18-9a6216d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。