上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
私たちのコミュニティでは、年に2回だけ肉を出す。クリスマスの七面鳥と、バーンズナイトのハギスです。
ハギスとは、スコットランド名物の食べ物で、羊の胃袋に麦やスパイスを混ぜたもの。付け合せはジャガイモとスウイード(swede)のマッシュ。デザートはクラナカン(Cranachan)というオートミール、はちみつ、ホイップクリーム、ウイスキー、そして、ラズベリーが材料のムースのようになめらかなデザート。
ベジタリアン用のメニューは、ナッツローストもご用意しました。
 
さて、私が何を作ったかというと、マッシュルーム・グレイビーソース。付け合せにかけてもいいし、ちょっとドライなハギスにかけたり、ナッツローストにかけてもGOOD。 小麦粉がだめな人も食べられるようにと、コーンフラワーを使用。
 
バーンズ・ナイトとは、スコットランドの国民的詩人、ロバート・バーンズ(1759年1月25日 - 1796年7月21日)の誕生日を記念したお祝い。バグパイプを先頭に運ばれてくるハギスをバーンズの『Address to a Haggis 』で祝福し、ナイフを入れるところからスタート。所々に詩の朗読やストーリー・テリングがちりばめられている。
ちなみに、日本でも有名な「蛍の光」は、ロバートにより収集されたスコットランド民謡で、彼により現在に伝わる歌詞として紹介されたらしい。

結局、できたハギスを担いで出てくる役になってしまい、170人を前にして練り歩くことに。こんなことならキルトを着てくればよかったと少し後悔。

また、数種類のウイスキーを飲み比べてみた。でも、何がいいとか思う前に眠くなり退散。日本の「山崎」は、こちらでも高い評価を得ている。

読み終わったらクリックよろしく↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2011.01.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nondualism.blog98.fc2.com/tb.php/20-ce627b5f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。