上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ここで私は一人の新米尼さんに会った。

彼女はタイ人で、エジンバラのホテルで長年働いていたらしい。ボランティアで食事を作っている人の中に何人か中国系の人を見かけたが、尼さんは全て西洋の人たち。

私がアジア人だということ(彼女は私がシンガポールから来たと思い込んでいた。そういえば、過去にスコットランドで1回、トルコで1回、シンガポール人かと尋ねられたことがあるな。ナゾ)、そして、スコットランドに住んでいるということから気に入られ、一緒に窓拭きをしようと誘われた。
お互いにはしごを支えたり窓を拭いたり、交代しあいながら、お堂や宿泊施設の窓という窓を拭いていく。

彼女はゲストナンではなく、本当につい数日前尼さんになったのだ。
丸刈りの頭が初々しい少年のよう。
確か37才と記憶するが、ものすごく張り切った勢いで窓を拭いている様子からか、
とても若く見えたので伝えると、すごく嬉しそうにしていた。
若く見られて嬉しいのは、尼さんとて同じことらしい。また、どうしてこのお寺を選んだかというと
「街にも近いし、たくさん散歩コースがあるから」と私と同じような理由を挙げたのがおかしかった。

「いつもお寺での生活は、夜ご飯はないからダイエットしようと思うんだけど、なぜか太っちゃう」とも。

どうして尼さんになったのかと聞くと
「いつも自分は誰なのか、人生とは何なのかという疑問があった。そしていつも心に隙間があって、それを埋めようと働いたり、ものを買ったり、恋人を作ったり、お化粧したり。でもその隙間は、外にあるものでは埋められないことに気がついた。そこで毎日瞑想や、仏教のプラクティスをはじめて、もっともっと仏陀に近づきたかったから」とカタコトの英語で一生懸命、intenseな調子で話してくれた。

「あっ、もう行かなくっちゃ。尼は時間に遅れるわけにはいかない。しってる?尼は走れないんだよ。だから余裕を持って出ないと」という。

そういえば、あたふたと小走りで慌てふためいたり、猛ダッシュする尼さんやお坊さんは見たことがない。やはり、心の平和を得るには、形から入ることも大切だ。

今度、キッチンで働くときにパニックになって走りまわることはもとより、Fのつく言葉で悪態をつくのはやめようと心に誓った(もちろん、そんなことめったにしないけどね、おほほほほ)。

ぽちっと応援よろしくネ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.02.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nondualism.blog98.fc2.com/tb.php/33-80e7d351
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。